2019年11月21日

ジャパンCの能力1位評価

登録馬の中で状態も含めて何のロスも無く同斤量でパフォーマンスを発揮した場合の個人的な現段階評価

ジャパンC
1位レイデオロ

京阪杯
1位モズスーパーフレア

京都2歳S
1位マイラプソディ
posted by ぴよ紙さん at 02:37| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

先週のレースめもマイルCS他(愚痴とかいいわけとか)

東スポ杯
ペースは471-457

勝ったのはコントレイル5馬身差の圧勝
2着アルジャンナも3着には4馬身、3着はラインベックで人気通りの決着
4着◎オーロラも弱いとは思っていなくて普通にOP、重賞でもそこそこやれる
とか今でも思ってるけど相手がG1超級でした(´・ω・`)完敗デス


マイルCS
ペースは472-458

好位から抜けてきてインディが勝利、その外目にいたプレミアムが2着
中団からペルシアンが3着という感じでした
◎キングリーは5着、そこそこメンバー揃ってるレースでは
人気の3歳馬にあまり重い印を付けてなかったんですけど
前走の毎日王冠が一番いいパフォに思えたので
やっぱ距離長かったんだろうなあと、更なるプラスも有り得るかと思ったけど残念
そつのないレースをして最後は伸びず、直線はやや外がいいので
皆外へ行く形になり詰まる確率は低いとは思っていたものの
インを突き詰まらなかったけど、直線グァンチャーレが内へ少し行きたがる感じで
外へ行けなかったのも痛かった、で一番上手く噛みあったのがインディ
コーナー部分はそこまで内が悪くも無かったぽいので
ロス無く立ち回りペースも速くならずに好位から直線馬場の良い外へ出す形でした
インディ無印で完敗(´・ω・`)とはいえ人気から買ってるからどれか消したいしなあ…クヤシィ
プレミアムあれで負けるのか…勿体無かったのがカテドラル
直線内からレッドがきて進路変更、今度は外からペルシアン
スムーズだったらきわどい所までいってたかも
posted by ぴよ紙さん at 20:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

マイルチャンピオンシップの予想

◎1 ダノンキングリー
〇10 アルアイン
▲14 ダノンプレミアム
☆7ペルシアンナイト
押え△2グァンチャーレ△12モズアスコット△8プリモシーン


◎ダノンキングリー、これは!というのも無くここで終わってもいいんじゃないか
というような印になりました、ほぼほぼ人気の所が上位になてるので
このクラスのお馬さんの事ならいくらでも新聞に載ってるし
なのでそれ以外のアプローチから、今日の京都を見た感じ今週からCコースになり
同じ外回りのレースが3つ、直線は外に出す傾向はあるものの1~3着馬は
コーナー部分で内から1,2列目の馬でほぼ決まっていました(新馬で1頭だけ内から3列目)
コース替わりでやや外傾向がやわらいだように感じますた
そこで内をロス無く運べそうなキングリーを本命、直線で外へ傾向なので詰まる確率も低そう

〇アルアイン、本命も考えたけど5番人気だとそこまで美味しい感じもしなかったので
能力は十分あるので、プレミアムより内枠の分いいポジションとれそうでこっちを上位に

▲ダノンプレミアム、これ本命にしようかも考えたけどスピードもあるので
好位置取れそうでも、もし中途半端な位置になって外過ぎるのは
今日の感じだとロスになりそうで3番手という事に
1,2番人気に重い印を打ったので自動的に3番人気は消さなきゃいけない(そんな事は無い)
のでインディを消しました、普通に力を出せてダノンらといい勝負
掛かったりもするので乗り替わりが少なくともプラスにはならないなら
人気にもなってるし美味しく思えないので、来たらあきらめる

1から10,14,7,2,12,8へ


posted by ぴよ紙さん at 01:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

東京スポーツ杯2歳Sの予想

◎3 オーロラフラッシュ
〇2 リグージェ
▲5 アルジャンナ
△7ソウルトレイン△6コントレイル

勝ちっぷりの良い2頭と良血で無敗の2勝馬が人気の上位
どういうレースをするか楽しみな部分はあるものの不確定要素も多い
◎オーロラフラッシュは3戦目での勝利で上積みは無いかも
ただ強いと思わせる内容の厳しいレースをしている
前走も4角で不利があっての差し切りだし
前々走もコーナーでかなり外へ振られるもハーモニーマゼランのクビ差
このハーモニーはサフラン賞に勝ったマルターズディオサとそこそこレースを
していた馬が内目をロス無く運んでいたのを
不利がありながらクビ差だった事を考えれば、十分な能力を示したのでは?
最低限これだけの能力はあると分かってる馬と、勝ちっぷりが良く未知の魅力に溢れる人気馬
どっちを選ぶかで、人気的にもこっちの方が美味しいんじゃね?ってきがする

〇リグージェ、33.0で差し切った、3着馬のシャドウブロッサムは
次走勝利後りんどう賞でヤマカツマーメイドとクビ差の馬
これを決してスムーズだったわけではないレースをして勝ち切ったのを評価
こちらは上昇の余地も十分ありそうで2番手

▲アルジャンナ、消去法的だけどコントレイルの調教時計出し初めは11/3
でアルは3週続けて川田が調教付けてる分上に、ラインは0.3差だったスズカデレヤを物差しに
ブルーミングスカイ相手では1.2差、それなら前走でソウルトレインは0.8差だから
ここにスズカデレヤがいたら、ソウルはスズカに0.4先着して、ラインより上の評価できるんじゃね?
っていう雑な机上の計算、ただソウルはその前走馬場と距離も敗因というのがあり
前走以上のレースが可能なら、物差しとの比較も合わせて
ラインあたりと十分以上のレースが出来ても不思議なさそう
そう考えれば人気的にもラインより買いたいのはソウルトレインの方かなあと

3から2,5,7,6へ
posted by ぴよ紙さん at 02:50| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

マイルCSの能力評価

登録馬の中で状態も含めて何のロスも無く同斤量でパフォーマンスを発揮した場合の個人的な現段階評価

マイルCS
1位ダノンプレミアム

東スポ杯2歳S
1位オーロラフラッシュ
posted by ぴよ紙さん at 20:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする